文章の書き方は構造シートが鍵

ブログ

《新しい文章力の教室》プラモデルのように作文する構造シートがすごい!

更新日:

文章が苦手な人(僕も含めて)は書く準備をしていません。

してないよね?

(学校で書く準備を学んだ記憶はありませんが)文章は、いきなり書くものじゃないらしい。

 

でも書く準備って方法が分からないですし、めんどくさいですよね。

そこで今回はwebライター必読本《新しい文章力の教室》より、「構造シート」を紹介。

簡単に作れて、70点の文章が書けちゃいます!

70点もとれれば上出来ですよ!

「構造シート」でプラモデルのように作文

くどいですが、作文するには準備が必要なのです。

準備するものは「事実」と「構造」。

この「事実」と「構造」の2つを準備するだけで、70点の文章になるんです。

めんどうですけど、ちゃんと準備!

 

具体的になにをするのかといいますと、「構造シート」を作るだけです。

構造シートを作ると、文章のテーマ、切り口、伝える順番、伝える量まで決まります。

さっそく作ってみましょう。

構造シートの作り方

  1. ノートに事実(文章の要素)を書く。箇条書きでOK。
  2. 書き出した事実の中から主眼(テーマ)を選ぶ。その文章の切り口になる。
  3. テーマをノートの上の余白に書く。
  4. テーマにそぐわない事実を削る。
  5. 事実を伝わりやすい順番に並び替えて、次のページに書く。
  6. それぞれの事実の重要度をABCでランク付け。さらっと or がっつり紹介?の判断に。

以上!

これでもう70点ですよ。

 

ちなみに《新しい文章力の教室》では構造シートは手書きで作るべしといっています。

パソコンやスマホだと作業中に文章を書き始めちゃうから、だそうです。

「事実」は「5W1H」で不足をチェック

事実を用意するときは、難しく考えずに「伝えたいこと」を書き出しましょう。

 

たとえば、

  • 昨日、田舎のカフェに行ってきたよ!
  • 評判がよくて、前から行ってみたかった。
  • 車で1時間。
  • お店の中はアンティークがたくさん。
  • マスターと奥さんで経営してる
  • メニューはなんと5つだけ!
  • おすすめは特製ブレンドコーヒー
  • 場所はここ
  • 営業時間、定休日
  • 感想

といった具合です。

 

そして、持っている情報を5W1Hにあてはめてみると、

  • Who(誰が):私が
  • What(何を):田舎のカフェにいった
  • When(いつ):昨日
  • Where(どこで):田舎
  • Why(なぜ):評判がよかったから
  • How(どうやって):ドライブ

このように、情報に不足がないかチェックできます。

それと、うそを伝えちゃいけませんので事実確認をしっかりと。

 

《うまく はやく 書ける文章術》では情報の集め方を「あっち情報」と「こっち情報」の2種類にわけて紹介しています。

[box06 title="あわせて読みたい"]音声入力でブログを書こう!|話し方のコツ・おすすめアプリも紹介[/box06]

いい文章には無駄がない

テーマ(主眼)からそれる事実は、要らない情報=読みたくない文章です。

だから構造シートの手順④で、テーマにそぐわない無駄な事実は削っています。

ブログでは、テーマにそぐわない事実を別の記事にするといいかもしれません。

「構造シート」を作れば、文章を書いたも同然!

完成した構造シートは、テーマに沿って事実が順序よく並んでいます。

無駄な情報もありません。

つまり、文章がほぼ完成しているわけです。

あとは事実をつなげて文章にすれば、70点の文章のできあがり。

(この記事は構造シートを作って書いたのですが、70点に届いていると思いますか?)

構造ができれば、音声入力も簡単

【2018年5月追記!】

音声入力は、キーボードより、はやくて簡単です!
音声入力の精度があがり、あなたが思っているより正確に、文章ができあがります。
「話しながら、文章を考えるのはムリ!」と思うあなた!

実は文章の構成ができていれば、音声入力は簡単なんですよ。

残り30点は「脳」「目」「耳」でとれ!

先ほど「文章は事実と構造で70点とれる」といいましたが、残りの30点が何か分かりますか?

答えは「言葉づかい」です。

 

たとえば、

  • 〜〜〜しました。
  • ・・・しました。
  • @@@しました。

といった部分を修正します。推敲ともいいますね。

 

この推敲は「脳」と「目」と「耳」の3つの視線で読み返すのが基本です。

ざっくり説明すると、

  1. 「脳」:違う意味に読み取れる文章になっていないか?
  2. 「目」:同じ文字の連続や、別の単語になっていないか?
  3. 「耳」:同じ音韻の繰り返しや、発音しずらい語句が連続してないか?

の3つの視線から3回読み直せば、80点くらいになるみたいですよ。

 

また、1つ修正したら最初から読み直しましょう。

それが読者の気持ちを知る第一歩、とのことです。なるほど、、、

まとめ

まずは構造シートで書く準備!

準備だけで70点もとれちゃうんですよ?やるしかない。

 

《新しい文章力の教室》では構造シートを卒業するまで約2年といっています。

「2年もかかるのか」と思わず、「2年で卒業できるのか」と前向きに!

 

文章が苦手な方、これ1冊でいいので買ってください。

まさに教科書。これが文章力の教室です!

[box06 title="あわせて読みたい"]音声入力でブログを書こう!|話し方のコツ・おすすめアプリも紹介[/box06]

-ブログ

Copyright© トレンディブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.