ブログの文字数は何文字あればいいのか?

ブログ

【2019年結論】ブログの文字数は3,000文字で安定して検索1位かな

更新日:

「ブログは何文字かけば検索1位になるんだろうか?」
「1記事あたり文字数はどれくらいがいいの?」
「やっぱり長文SEOなのか!?」

こんな疑問に答える記事です

結論から言うと、ブログで検索1位をとるためには、3,000文字あれば安心です。その理由を解説します。

僕がブログを始めて10ヶ月。月間2万PV、月間収益1万になりました。ライバルサイトを蹴落として検索1位になっているキーワードも多々あります。

そこで今回は、検索上位になる記事の文字数について書いてみました。記事を書いても検索上位に上がらないなら、ぜひ読んでみてください。

アクセスの集まるブログの『最適な文字数』

2,000文字は最低必要です。3,000字あれば、そこそこ安定して検索1位を取れています。

UbersuggestというSEOツールでも、2,200文字はほしいと記載されていますね。

Ubersuggestでの最低文字数

 

 

私が『3,000文字必要という』に根拠についてちょっと語りますね。

「ブログの記事は何文字がいい?」という問いに対して、『1,000〜2,000文字がいいよ』と回答するページが多いんですね。

単純な話、2,000文字の記事が多いなら、3,000文字かけば勝てるって計算です。コンテンツ増やして文字数で殴ればいいですね

そして、僕の経験上、ロングテールワードを攻めるときは、2,000文字と3,000文字では検索順位がかなり違うんです。

とりあえずの指標、最低の文字数ラインとして、2,000文字。

出来れば3,000文字あれば安心って感じです。

【アンケート】ブログの文字数は平均何文字くらい?

ツイッターで、ちょうどいいアンケートがありました。

なるほどなるほど……

だいたい1,500文字が平均的な文字数、といえるでしょう。最近はブロガー増殖傾向がすごいので、もっと増えてるかもしれませんね。

アンケートの回答数が少なくて、データにならないだろ? ですって?

君のような感のいい人は嫌い……じゃなくて好きです。幸せになって。

『ブログ記事の文字数』と『SEO』を正しく知ろう

やっぱり、文字数は多い方がSEO強いです。

けれど、『文字が多ければいい』ってもんでもありません。

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ文字数はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

2,000文字は必要だぁぁぁぁああああああああ!!!!!????♨️♨️♨️」

なんて水増ししても、内容がないので効果はないです。♨️♨️♨️

『記事の中身が濃いから、自然と文字数が多くなった』とならないと、googleには評価してもらえませんでした。

昔は、長文SEO(とにかく文字数が多い方が有利)な時代がありました。
しかし、今は、コンテンツSEO(記事の中身が大切)の時代です。

googleは記事の中身をロボットで読み取って、読者(検索した人)の悩みを解決するために、ベストな記事を表示するようになりました。

文字数で戦うんじゃなくて、コンテンツ(記事の中身)で戦うわけです。結果として文字数は増えるけど、文字数で殴り合うわけじゃありませんよ!

【読みやすい】理想的なブログの文字数はどれくらい?

「検索1位とかどうでもいいから、読みやすい文字数は?」
「ライバルがいないキーワードだったら、何文字くらいがいい?」

って疑問もあるかもしれないので、ここでお話ししてみます。

個人的には1,500文字くらいが1番読みやすいですね。

この記事も、ここまでで、だいたい1,300文字くらいです。

サクッと読むなら、1,500文字がちょうどいいですね。

> 「ブログの記事は何文字がいい?」という問いに対して、『1,000〜1,500文字がいいよ』と回答するページが多いんですね。

と先ほど言いましたが、読みやすさも考慮して、このような回答が多いのかもです。先人はいろいろ考えてるんだなぁ。としみじみ……

【アンケート】ブログの記事を色々読んでいて、長すぎると思う文字数は?

またまたツイッターで面白いアンケートがありました。『ブログの文字数は何文字以上あったら、長いと思うのか?』

ブログを読む側の視点に立ったアンケートですね〜。

結果は、70%が2,000文字以上は多いと感じる という結果でした。僕はそこそこ衝撃的な結果です。

今、長文SEOが死んだ時代とはいえ、コンテンツ量に基づいた長文SEOは、まだ強いです。

けど、アンケートでは文字数は少ない方がいい、と思っているんですよね。

ということは……いつかgoogle先生が、『文字数はどうでもいいよ!』『本当に必要な情報がある記事の方がいいよ!』と方針を変えるかもしれません。ハナシガソレタ。

アンケートの結果などから、読みやすい文字数は2,000文字以下! って結論です。

文字数が少ない『無駄のない文章のブログ』でどこまで戦えるのか

僕は……戦えなかったよ……

文字数が少なくても戦えるのは、トレンドな内容じゃないと厳しいと思います。ニュースのようなスピード感と、ネタが必要です。

一度、必要な情報だけ書いた、1,000文字くらいの記事で実験したことがあったんですが、アクセスは……なかったです。

『いい文章には無駄がない』とか『もうちょっと時間があれば、もっと短い手紙をかけたんですが……』なんて言葉もありますが……

ロングテールで検索1位をとりたいなら、それなりに文字数は必要ですね。

ブログの文字数は多いほど、外注負けしない!?

アフィリエイターとして有名な、クロネコ屋さんの記事、「検索上位に必要な文字数は3000文字以上にインフレしている。ブログ記事もボリュームが求められる時代」で面白い情報がありました。

文字数1000~1500の記事って、恐らくリライトされやすいと思うんですよね。

安い外注ライターを使ってリライトさせているキュレーションサイト等は、なるべくリライトしやすいサイトを参考にしていると思うので。

ボリュームが大きすぎる or 個性が強すぎる記事はリライトしにくいと思います。

(ボリュームが大きいと外注ライターにかかる費用も高くなる)

よって、文字数1000~1500ゾーンは、外注ライターと殴り合いになる上に、差別化が難しい…という嫌なゾーンになってるな~と感じています。

逆に3000文字~1万文字の大ボリュームになってくると、外注ライターとの競合はグッと減ります。

(出典:検索上位に必要な文字数は3000文字以上にインフレしている。ブログ記事もボリュームが求められる時代

 

要約すると……

1,500文字までは、外注記事がたくさんあって、ライバルが多い。でも3,000文字まで突き抜ければ、ライバルはグッと減る。ついでに、外注ライターにパクられにくくなる。

外注ライターに記事を委託するときは、見出しを5つくらい用意して、本文を書いてもらうパターンが多いです。

見出し1つに300文字と考えると、だいたい1,500文字くらいですね。この辺が『外注ライター激戦区』なわけです。

僕がライターとして案件を持ったときも、1記事あたり1000〜1500文字が多かった印象です。

3,000字以上はプロジェクト案件(長期間の契約)が多かったかな〜。

結論、外注記事に負けない記事を意識するなら、3,000文字くらいあると安心。コンテンツ量とも釣り合いやすい文字数ですね。

ぼくの経験でも、3,000字あれば、だいたい上位表示できますし、精度の高い情報ではないでしょうか!

文字数が1,000文字いかないのは、●●が不足しています

「文字数なんて1,000文字も行かないんだけど!」って人は、記事の準備不足が原因です。

『文章は準備が7割』なんて言葉もあります。
実際この記事の作成時間の7割は『準備』だったりするんですよ。

これから長いことブログを書くなら、文章の書き方を勉強してみてはどうでしょうか。

オススメの『ライティング本』を2冊ほど紹介します。良書です。

ただし、読むばっかりで記事を書かなくなったらダメですよ!
僕はそれで1ヶ月無駄にしたからね!

ライティングの定番本です。ブロガーの半分は読んでいるレベル。

『書く前の準備』をわかりやすく解説している良書です。

『構造シート』という、シートを埋めるだけで良い文章をかけるテクニックも、素晴らしく使いやすいです。

初心者から、上級的なテクニックまで、幅広く紹介されているので、コスパもいい本ですね(守銭奴)

こっちも『文章の準備』を大きく取り扱っている良書です。

新しい文章力の教科書との違いは、SNS・ブログ向けの文章術を紹介しているところですね。

『文章あてはめフォーマット術』という、当てはめるだけで、いい感じの文章構成になるテンプレートも便利です。

まとめ:ブログの文字数は3,000文字以上

検索1位になるなら、文字数は3,000文字は必要です。ブロガーも大変だぜ!

2,000文字でも上位にいけますが、検索上位を安定させたいなら3,000文字あるといいですね。

けれど、これはライバルサイトの文字数に大きく依存します。ライバルサイトが5,000文字なら、それ以上書かないとやっぱり勝てないですね…

ライバルサイトの文字数確のツールも紹介しているので、よかったらどうぞ!>>>【効率3倍】ブログの文字数カウントツールはChrome拡張機能が最高【無料】

-ブログ
-,

Copyright© zackut , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.