iOS12の新機能スクリーンタイムを紹介します。

ライフスタイル

【iOS12新機能】スクリーンタイムのサボリ矯正威力がすごい件

更新日:

iOS12の新機能、スクリーンタイム、これを使えば『サボリ魔』を矯正し、やりたいことに集中できます。

また、お子さんのYoutubeの時間や、ゲームの時間も自動で制限してくれる優れもの。

この記事では、『サボリ魔な大人』向けに、スクリーンタイムを有効活用する方法を紹介します!

もう『無駄な時間』を過ごさせませんよ。ほんとすごいんで、ぜひ最後まで読んでください。

『スクリーンタイム』とは? iOS12の神った新機能

スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能。

ざっくりいうと『iPhoneのアプリの使用時間に制限をかける』って機能です。これがすごいんですよ〜。

作業中でもツイッターを開いたり、Youtubeをみたりして、「気づいから夜じゃん!」なんて悲しい思い出はありませんか?

ぼくは無限にあります。意志が弱いんです…へへへ……

意志が弱い人は、意志の弱さを直すより『自分の意志に頼らない』のがいいと思うんですよね。

『スクリーンモード』は、そんな意志の弱い人にオススメ。では、使い方を説明しますね。

iOS12で『スクリーンタイム』を設定する方法

設定 > スクリーンタイム > App使用時間の制限 > 制限を追加 > 制限をかけるカテゴリをチェック > 時間を設定

です。

iOS12の『スクリーンタイム』の使用時間をチェックする方法

設定 > スクリーンタイム > 時間が表示されている部分をタップ

スクリーンタイムで使用時間を確認する方法

するとこのように、使用時間をチェックできます。かなり詳細ですね!

スクリーンタイムで使用時間をチェックした図

『よく使われたもの』の右側、『カテゴリを表示』をタップすると、カテゴリ表示に切り替わります。各アプリのカテゴリを確認したり、自分が普段どんな機能を使っているのか確認できますね。

『スクリーンタイム』で制限時間がきたらどうなる?

こんな画面になります。制限のかかる5分まえに通知もきますよ。

ios12のスクリーンタイムで制限時間がくるとこんな感じ

アプリをキルして、もう一度起動しようとしても、画像のように開けなくなっています。

iOS12の『スクリーンタイム』を有効活用する

『スクリーンタイム』の活用例を紹介します!

Youtubeは1日1時間にしたい?『スクリーンタイム』がぴったり

お子さんが Youtube ばっかり見て困ってませんか?

でも、全く見せないってのも酷ですよね。1日1時間くらいにしたい、でも、時計をみて管理するのもめんどくさい。

そんな時には『スクリーンタイム』がぴったり。なんかテレビショップみたいになってきたぞ。

エンターテインメントのカテゴリで Youtube の時間を制限すれば、iPhoneが勝手に時間制限してくれます。便利だぁ……

大人も Youtube ばっかり見て時間を無駄にしがちなので、ぜひお試しを。

僕は30分に設定しました。一瞬で30分制限がかかって、「時間無駄にしてたなぁ…」と痛感。30分って制限があると思うと、必要な動画だけを見るようになるんですよね。時間が濃密になったぞ!

ゲームやりすぎ?『スクリーンタイム』でシャットアウト

fgo にハマってます。いや、fgoはどうでもよくて、要はスマホゲームってめちゃ時間使うんですよね。

「ゲームはあくまで息抜き程度にしたい。しかし、楽しくて止めどきが分からない!」

そんなときも『スクリーンタイム』です。『ゲーム』のカテゴリで、時間制限をかけましょう。ゲームは1日1時間。

各アプリで制限をかけるんじゃなくて、ゲームカテゴリにまとめて制限をかけれます。複数のゲームをやっていても安心ですね。

気づいたらツイッター(SNS)?『スクリーンタイム』がオススメ

ツイッターもゲーム同様、時間泥棒ですね。僕はあまりやらない方ですが、それでも1日1時間以上は使っていたような気がします。

しかし、ブログを運営しているので、ツイッターでの情報発信も大切。情報発信に1時間は必要としても、それ以上は無駄な時間。

そこで『スクリーンタイム』で1時間の制限をかけみました。これが効果バツグン!

「1時間しかない!」って焦りで、テキパキと情報収拾・発信できるんですよね。普段のダラけようが嘘のようです…ハハハ……

『スクリーンタイム』の微妙なところ・改善点。iOSのアップデートで改善してください

ここからは、『スクリーンタイム』の要改善点を紹介します。改善お願いしますアップル!

カテゴリ別にしか、制限をかけれないところが微妙

たとえば、ツイッターに制限時間をかけようとするなら、『SNSカテゴリ』で制限をかけることになります。

『LINE』がSNSカテゴリなんですよ。ツイッターに制限をかけようとすると、LINEにも制限がかかります。LINEはメイン連絡手段なので、制限をかけるのはな〜。

アプリ単体を狙い撃ちして、制限をかけれないんですよね。ちょっと残念。

また、『音楽再生アプリ』はエンターテインメントカテゴリです。Youtubeもエンターテインメントカテゴリ。Youtubeに制限はかけたいけど、音楽は違くないですかアップル!

アプリ単体で制限をかけれるようになると、とってもいい感じですアップル!届けこの思い。

制限時間がきても、簡単に無視できちゃう

制限を簡単に解除できます。ガバガバ。

使用中に制限時間で出てくる画面で……

スクリーンタイムを無視するには『制限を無視』をタップ

『今日は制限を無視』をタップ

制限を無視 > 今日は制限を無視

とすると、そのアプリは無制限に使えるようになります。同カテゴリのほかのアプリは制限がかかったまんまです。

簡単すぎる。こんなのすぐ解除しちゃいそうです……(意志弱)解除の操作がもっとめんどくさくなると、いいと思いますアップル!

これを使えば、さっきの『LINE問題』もある程度解決なんですが……なんかね。

まとめ:iOSの新機能『スクリーンタイム』でサボリ魔克服!

いろいろ話しましたが、この記事で1番伝えたいのは、『スクリーンタイム』神機能ってこと。

意志の弱さは、意思に関わらないシステムでカバーするのが1番。もっと制限かけて、生産的な時間で1日をいっぱいにしたいと思います。

ありがとうアップル!

fgo?やめないですよ?(硬い意思)

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© zackut , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.